一般社団法人Sango 公式ブログ 『ひかり』

沖縄県東村慶佐次の森、通称“お山”で活動している 一般社団法人 Sangoのブログです。わたしたちは、ここ“お山”の豊かな自然の中で、自分を成長させる霊的な学びを実践・実験していくことを大切にしています。 このブログでは、Sangoのことや活動内容、そして霊的な学びを紹介していきます。

【坂田麻季江】お掃除をさせていただきました

今日は。スタッフ坂田麻季江です。

 

先月、石垣島のK子さん宅のお掃除に

行かせていただいた時のことを書こうと思います。

 

以前、おばぁが石垣島に旅行した際、

K子さん宅に滞在させていただいたことがきっかけで、

「感謝の気持ちを込めてご奉仕をしたい」という

おばぁの気持ちがあり、今回お掃除をさせていただくことになりました。

 

11/20~26、約1週間の日程で伺いました。

 

ご希望のお掃除内容や、部屋数などを

すりあわせ、こちらからは4人で伺いました。

 

K子さんとご家族のご希望は、


1番目 お父様の書斎
2番目 亡くなられたお母様の作業部屋(手芸・クラフト関連)
3番目 余裕があればキッチンも

とのことでした。

 

到着した日(11/20)は、お掃除する部屋を見ながら

打ち合わせをしたのち、私達が泊まらせていただく

部屋のお掃除をして、就寝。

 

2日目(11/21)から、本格的にお掃除開始。

朝6時半に、K子さんと私達で打ち合わせをしました。

色々話すうち、部屋の広さや置いてある物などを

考慮した結果、2番目の希望でしたが、

亡くなられたお母様の作業部屋からやった方が

良いだろう、という判断で、お母様の作業部屋から始めました。

 

たくさんあるお母様の作品を、一つ一つ確認しながら、

残す物、残さない物に、K子さんに分類していただきました。

残しておく物は、拭いてから、棚の中へ収めました。

 

3日目~5日目(11/22~11/24)はお父様の書斎を。

書斎は3日間かけてさせていただきました。

郷土の資料や本、戦後の資料や本、

お父様が作られた切り抜きの冊子や、

執筆された原稿など、それらも一つ一つ、

お父様ご自身に見て頂きながら、残す物、残さない物に

分類していただきました。

こちらも、残す物は拭いてから棚へ。

 

5日目(11/25)は、書斎と同時並行で、キッチンのお掃除を開始。

翌日(11/26)は帰る日でしたが、お宅を出る

直前までさせていただきました。

 

今回、お宅に伺う前のお電話で、
「うちは食器がたくさんあるんだけど、

100人以上集まる宴会や行事が今でもあるから、

食器だけは捨てないで欲しい。」

というお話を聞いていました。

 

実際に伺ってみると、食器類がたくさんありました。

当初は捨てないで欲しいと伺っていたのですが、

一つ一つ出していってみると、縁が欠けたもの、

ひび割れたものが出てきました。

また、コーヒーのカップ&ソーサーのどちらかが割れてしまい、

片方だけで使っているものも。

そういったものは思い切って処分され、

食器の断捨離も実施されました。

 

キッチン以外にも、お宅の中にあった

不要な物をどんどん処分され、お父様の書斎も、

お母様の作業部屋も、明るく、軽くなっていきました。

*******

 

物から発せられる、エネルギーがあります。

作った人が注いだエネルギー。

販売した人が込めたエネルギー。

使う人が、物に注ぐエネルギー。

しょっちゅう使う物と、あまり使わない物の

エネルギーの違いもあります。


キッチンも、お掃除しながら自分達が受け取った

物のエネルギーや、意識についてお伝えしながら

一つ一つ、処分するかしないかを決めていただきました。

 

保管する物も、拭いてから収めると

表面の空気が流動し、美しく光りました。


HSPで、エンパスで、霊的な感性が強いという

特質を持つ私達は、お掃除しながら、

「悲しかった~」などと自動的に言ってしまうことがあります。

 

誰かが悲しい思いをした場所に立つと、その想念が

その場に残っていて、それを受け取ってしまうのです。

楽しい想念が残った場所に行くと、「楽しい~」

となります。

 

こんなヘンな私達ですが、快く受け入れて下さり、

また感じたことも聞いていただけて、本当に感謝です。

 

お掃除が終わったあと、とても喜んでいただけましたが、

それ以上に、私達にも学びと喜びがありました。

お掃除した場所が、物ではなく、人が主人公である場へと

戻っていく課程が、嬉しくて。

 

エネルギーが整い、澄んだ空気が循環する場所にいると、気持ちいいです。

 

K子さん、お家族の皆様、どうも有り難うございました。

一緒に行った仲間にも感謝です。

f:id:yanbarusango:20191204160309j:plain

 

www.sangookinawa.org

【坂田麻季江】最後の手放し

今日は。スタッフ坂田麻季江です。

 

先月、石垣島に出張に行ったので、その

報告記事を書いていたのですが、

それどころではなくなってしまいました。

 

まずは自分のこころの整理をするために、

以下の記事を書かせていただきます。

 ********


昨日、仲間と、ある映画を観に行きました。

 

閉鎖病棟 ―それぞれの朝―」

 

重いテーマを取り上げた作品でした。

そしてこの映画の中に、自分の過去とダブるシーンがあったのです。

それを見て、当時のことがフラッシュバックしました。

 

自分にはそのシーンのインパクトが強すぎました。

他の内容が飛んでしまうくらい。

 

観終わったあと、心臓がバクバクしていました。

パニックでした。

 

 

「人生の青写真」という言葉があります。

魂の成長を目的として、生まれてくる前に

地上界で経験をすることを決め、人生の設計図を

プログラミングして生まれてくる、というものです。

 

それを、理解している私がいます。

私が経験したことも、魂が決めてきたことなのだと。

 

指導霊から直接話されたこともあるし、

瞑想中にメッセージを受け取ったこともあります。


しかし、青写真に沿って経験した出来事で、

大きく傷ついた自分がいます。

精神的ダメージ、ショックが大きすぎて、直視できずにいました。


私の中にあった、解決できていない、最後のテーマでした。

最後の重いテーマ。

 

朝起きて、混乱している自分に気づいたので

乗り越えたくて、おばぁに電話して聞いてもらいました。

 

経験した内容の詳細な状況も伝えました。

「よく生きていたね。」と言われたのに驚きましたが、

言われてみれば、確かに。

死んでいてもおかしくはない状況だったな、と

言われてから初めて気づきました。

 

仲間にも、聞いてもらいました。 

話せたことで、混乱から少し解放されました。

  

すぐには終われないと思います。

でも、もう終われそうだ、という気配を感じます。

 

自分の中にある、赦しを感じます。

光を感じます。

 

心の傷を乗り越えた先に、本当の自由と愛がある。 

 

自分が赦され、あなたが赦され、光り輝くように。

愛と感謝を送ります。

生きていられることに感謝。

有り難うございます。

f:id:yanbarusango:20191202150602j:plain

Sangoマルシェ第1回、終了しました。

こんにちは。

スタッフのヒロです。

 

11月17日にSangoファーム中城にて、

Sangoマルシェが開催されました!!

(主催はFamily(やーにんじゅ)です。)

 

f:id:yanbarusango:20191124152129j:plain

 

好天に恵まれた第1回。

 

お野菜やパン、染物や雑貨など、

Sangoスタッフが愛情かけて育んだ、

様々な物品が並びました。

 

 

f:id:yanbarusango:20191124152239j:plain

お野菜は今回量り売り。ワイルドな感じの陳列となりました笑

 

f:id:yanbarusango:20191124164812j:plain

色々なパンが並んでおります。美味しそう!!(今回は、僕は食べれず。。。笑)

 

f:id:yanbarusango:20191124152140j:plain

こちらは県外でも大人気の炭塩。ポップも出来上がり、本格的な仕上がりに。

 

f:id:yanbarusango:20191124152220j:plain

こちらは“てぃぐまラボ”の木工雑貨などなど。可愛く陳列されております。

 

f:id:yanbarusango:20191124152118j:plain

f:id:yanbarusango:20191124152058j:plain

“染め工房くくる”のタオルやTシャツ。彩り豊かでワクワクしますね

 

f:id:yanbarusango:20191124165000j:plain

古本も出してみました笑

 

さらに今回は、特別ゲストとして、

ご縁いただいた果樹農家さんが、

無農薬のスターフルーツを出品してくれました。

 

f:id:yanbarusango:20191124152054j:plain

 

f:id:yanbarusango:20191124163104j:plain

僕の中で、スターフルーツに革命が・・・!!とっても美味しいスターフルーツでした。

 

 

開始当初、

果たして人が来てくれるのか?

ドキドキしていた我々。

 

f:id:yanbarusango:20191124161430j:plain

なんだかソワソワしております

 

しかし、

始まってみると。。。

 

f:id:yanbarusango:20191124152209j:plain

f:id:yanbarusango:20191124152042j:plain

f:id:yanbarusango:20191124165257j:plain

f:id:yanbarusango:20191124153946j:plain

 

たくさんの人に来ていただけてるーーーー!!!!

 

地域の方々や、
繋がりある方々が、

どんどん来てくださいました。

 

東村から駆けつけてくださった方もいて・・・!!

ありがたいです。

 

お陰様で、

お野菜も売り切れ続出・・・!!

 

f:id:yanbarusango:20191124152048j:plain

 

f:id:yanbarusango:20191124152242j:plain

開始前と打って変わって、この笑顔(笑

 

初めましての方も多くいらっしゃって、

たくさん交流できて、

とても楽しい時間でした。

 

f:id:yanbarusango:20191124152149j:plain

こちらは“てぃぐまラボ”のオーナメント作り体験。とっても楽しそう!

 

来ていただいた方々からも、

 

「この辺りは、遊ぶ場所がなかったからとっても嬉しい。」

「また遊びにくるね。」

「とっても癒されました。」

 

などなど、

嬉しい声をたくさんいただきました。

(意外にも、古本も結構売れてびっくり。

お客さん曰く「中城には本屋がないから嬉しいさぁ〜」とのこと笑)

 

 

Sangoとしての初めての試み、

「Sangoマルシェ」。

 

スタッフそれぞれが育んだものを、

一つの場に集めることは、

今までになかったことでした。

 

自分たちのホームである、

安心な空間の中で、

 

みんなの喜びが一つとなり、

来ていただいた方の喜びと繋がり、

 

何かとても大きな温かいものが、

生まれた感覚がありました。

 

 

特に、

地域の方々に喜んでいただけたことは嬉しくて、

 

こんな形で、

自分たちの活動が、

この地に貢献できるんだと知れたことは、

 

とても大切な経験でした。

 

 

今後も、

みんなで力を合わせて、楽しく自由に、

この「Sangoマルシェ」を育んで行きます。

 

次回は、

12月15日(日)。

 

お時間ありましたら、

是非ご参加くださいませ!

 

感謝です。

 

f:id:yanbarusango:20191124172118j:plain

 

 


Sangoマルシェの詳細はこちら!!

yaaninjuyui35.wixsite.com 

スタッフのブログでも、マルシェの記事が上がっております。

よければどうぞ〜!!

yaaninju-yui35.hateblo.jp

 

naturalhspman.hatenadiary.jp

 

一般社団法人 Sango 

豊かな自然の中で、自分を成長させる霊的な学びを実験・実践するコミュニティです。

​「どんな自分でもいい」という安心の中で、自分を素直に表現し、共に成長しあえるコミュニティSango。

一緒に暮らしながら、魂に出会う学びを一緒に分かち合いませんか?

 

詳しくはこちらの公式HPへ🌱

www.sangookinawa.org

蜂と鳥 カタカムナで知る現れ

こんにちは。

ゆりです🌱

 

全てはエネルギー。

 

全ては波動だと、

動物たちに教えてもらった物語📕

 

一か月半くらいからの一か月。

 

私は、恐怖心にかられて、とってもがんばっていた。

 

ある意味Sangoをなんとかしたい。

仲間たちとの日々を続けるためには…

(上から目線なんですがねw)

 

私なりに考えられた精一杯200%の力を振り絞りながら走っていた。

 

みんなと一緒にいたい。

基本はただそれだけ。

 

そんながんばりが、がんばりはやはり自分を痛めつけた。

前提が恐怖心=怒りだからだ。

 

からだが痛くなり、

気持ちも閉鎖的になりはじめた。

 

私は自分の強烈なパニック障害がこわい。

自分がわけわからなくなることを非常に怖がっている。

 

ぶわぁーっと走り出したり、

車を走らせたり、

飛び降りようとしたこともある。

 

そんな自分が怖い。

 

だから必死に抑えようとしてしまう無意識の中で、

自分のエネルギーが発散できず、

 

なんと、

蜂が大量に発生した。

f:id:yanbarusango:20191121180511j:plain

こんな綺麗で可愛い瞬間ではありません・・w

 

Sangoファーム 中城の小屋の屋根の周り中に、

数十匹の蜂が、急に集まってきた。

 

私のパニックが、そこにあった。

蜂さんの発生にパニックにもなり始めたw

 

自分では解消できず、

おばぁに相談。ありがとうございます。

 

まず、蜂をカタカムナで見てみる。

『は』→は、引き合う

『ち』→は、凝縮

 

自分を縮こまられていたのだ。

ちょうどその頃、関わる人に対しての怖さも出ていた。お金を稼ぐこわさも。(๑>◡<๑)

 

そんな想いを自分自身では解放しきれなく、

そのエネルギーを蜂さんが請け負ってくれたのだ。

 

そのことを受け取り、怖がっていたことを受け入れ、自分自身を感じてあげた。

 

そして、新しい目線から、

人と関わることへの気持ちの切り替え、

稼ぐことへの気持ちの切り替えを

気持ちの解放をしていった。

 

蜂さんにも、

「気づかせてくれてありがとー。

 もう、わかったから大丈夫だよー。」

とお伝えした。

 

そのあと、不思議なくらい、

だけど事実、

 

蜂は一匹残らずいなくなった。

 

(๑˃̵ᴗ˂̵)

f:id:yanbarusango:20191121180716j:plain



ほっとした。

 

エネルギー、波動ってすごいね。

 

さらに一昨日。

 

私は、自分に素直じゃなかったことに気がつけて、

そんな気持ちを大北さんに聞いてもらっていた。

 

その喜びの波動に、

鳥たちが集まり、大合唱🕊

 

カタカムナで鳥さんは、

『と』→は、統合

『り』→は、離れる

 

統合したものが、広がっていったのだ❤️

 

素晴らしい経験をさせていただいた。

 

目の前に起こっていることを、

どう受け取り、

変化、進化に繋がるか。

 

訓練と学びの中で、自分に挑戦、

冒険です🌱

 

素敵な日々に、

素晴らしい学びに、

心から感謝と愛をこめて🌈

 

 

 

・Sangoでの生活に興味のある方はこちら!!
www.sangookinawa.org

 

・Sangoファーム中城では、染め体験もやっております。

 詳細はこちら!!

 

・12月15日(日)Sangoマルシェ開催!詳細は以下よりどうぞ。(毎月第三日曜日!)

yaaninjuyui35.wixsite.com

 

 

 

いよいよ明日、Sangoマルシェ開催!

こんにちは。

スタッフのヒロです。

 

いよいよ明日から、

毎月第3日曜日に、

Sangoマルシェが開催されます!!

 

場所は、

「Sangoファーム中城」。

 

f:id:yanbarusango:20191031180626j:plain

最近、グーグルマップさんにも表示されるようになりました!

 

この日のために、

準備もいろいろ。

 

繋がりある男性陣にお声がけして、

テント設営を手伝ってもらったり、

f:id:yanbarusango:20191116141547j:plain

f:id:yanbarusango:20191116141555j:plain

f:id:yanbarusango:20191116130832j:plain

 

 

畑のご近所さんに

チラシを持って挨拶回りをし、

みなさんに「頑張ってね!」と応援をいただいたり、

(沖縄の人たちは本当に暖かいです)

 

f:id:yanbarusango:20191116131758j:plain

こんなチラシ。

 

一歩一歩進む中で、

周りに支えられている有難さを感じ、

とても嬉しい経験ができています。

 

いよいよ、

明日が本番。

 

当日は、

 

農薬・肥料を使わず、自然のままに育った

「Sangoファーム中城」のお野菜や果物、

f:id:yanbarusango:20191116131822j:plain

f:id:yanbarusango:20191116131419j:plain

 

 

自然の恵みを活かした、

「染め工房くくる」の草木染めの染物、

f:id:yanbarusango:20191116133810j:plain

f:id:yanbarusango:20191116131746j:plain

 

 

Sangoのお山の木々を活かした

「てぃぐまラボ」の木工雑貨やワークショップ、

f:id:yanbarusango:20191116132005j:plain

f:id:yanbarusango:20191116133959j:plain

 

なかなか中部では手に入らない、

「森のぱん工房Sango」の天然酵母のパンなどなど、

f:id:yanbarusango:20191116133320j:plain

f:id:yanbarusango:20191116133510j:plain

 

 

Sangoのメンバーそれぞれが、

喜びの中で育み、形となった商品が、

勢揃いです。

 

Sangoの商品が一堂に会するのは、

このマルシェだけ!!

 

僕たちの日々の

嬉しい!楽しい!の経験を

みなさまと分かち合えたら嬉しいです。

 

スタッフ一同、

ワクワクドキドキしながら、

心よりお待ちしております。

 

感謝です。

 

Sangoマルシェ詳細は⬇️⬇️

yaaninjuyui35.wixsite.com

生きるとは、『活きていくこと』それは未来へ。

 

 

情報の解放へ。

f:id:yanbarusango:20191113094328j:plain

 

こんにちは。スタッフのゆりです🌱

 

私たちは、生きている命あるものとして、

自分たち自身で生き方を選び、

次の世代に、どんな未来を遺すのかを考え、

命と心を繋ぐ役割がある。

 

私はそう思い始めることができるようになってきた。

 

私たちの命をつくる大切な水。

水について、考える。

 

野菜たち。

私たちのからだをつくる、大切な一部。

 

野菜たちの種さえも政府に管理されようとしている。

びっくりだ。

どこに向かっているのだろう…

 

そして、人に害があるとわかりつつ、売り続け、

知らずに使い続ける日本があることも知った。

otoriyosegurume0141.com

 


【がんと宣告されたら】必見アメリカでは日本のようながん治療をしなくなった。抗がん剤や放射線はアメリカでは使用しなくなった。

 

みんなが知り始めている。

 

知ることは大切だ。

 

あとは、知ったことを、

どう、行動に移すかだ。

 

外側と戦うのではなく、自分の道を自分で見つけ、自分の命には自分で責任を持つ。

恐怖に恐れ、死を目指すのではなく、

死は誰しもに訪れ、いつかは迎えるその日がくるのだから、

活きていこう。

 

 

何を意識しているのか。

そこから気づいていく。

 

 

思い込まされてきたことなのか、

喜びや命や愛から見ていることなのか。

 

 

 

自分の思考に気づく必要が私たちにはある。

 

気づけば見方は変えられる。

 

何故、農薬は必要か?

 

虫がついていたら、野菜は売れない。

 

何故売らないといけないのか?

 

生活のためにお金を稼がないといけないと思っているから。

 

では、どのくらいのお金を必要としているのか。

 

どんな生活を本当にしたいと思っているのか?

 

掘り下げていけば、ほとんどが教えこまされ、

恐れの思考に基づいていると気づくことができる。

 

気づいたら、じゃあ、私はどうしたい?

そう考えてることから始める。

 

生きているを『活きている』へ。

 

活きているそのものの喜びは?

私にとっての喜びは?

 

生きていることが嬉しい。

命は与えられている。その命を活かして、次の未来へ繋いでいこう。

 

Sangoが取り組んでいる一つ一つは、

未来につながる実験へ。

一人一人が活きている喜びへ。

 

森づくり

sango-okinawa.hatenablog.com

 

祈りと喜びで育つ畑

sango-okinawa.hatenablog.com

 

学び

sango-okinawa.hatenablog.com

 

喜び

sango-okinawa.hatenablog.com

 

そんな中、若い世代も動き出した。一緒に活きていこう。

勇気をありがとう。

toyokeizai.net

(ゆっくり、この記事はぜひ読んで欲しい。)

 

一人じゃない。

繋がりあって、助け合って、協力しあって、かかわって。

みんなで活きていこう。

 

 

今日も心から愛と感謝を込めて🌈

 

・11月17日(日)Sangoマルシェ開催決定!詳細は以下よりどうぞ。(毎月第三日曜日!)

yaaninjuyui35.wixsite.com

 

・Sangoファーム中城では、染め体験もやっております。

 詳細はこちら!!

 

・Sangoでの生活に興味のある方はこちら!!
www.sangookinawa.org

 

 

 

私からブログが遠かった理由 ②

こんにちは!スタッフのまりえです。

 

前回、ブログを遠ざけてしまっていた理由を整理し、書き始めて、

一年と少々ぶりにブログ復帰を果たすことができました。

sango-okinawa.hatenablog.com

 

 

 

今回はその続き、

ブログを書くことへの抵抗感が生まれたきっかけはなんだったのか

のお話です。

 

 

 

とにかく認められたい、嫌われたくない私。


Sangoのミーティング時ですら、未だに緊張し、ビビりまくる。笑

 

なので、自分の中から湧いてくる言葉を流していく、のではなく、


うまくまとめようとしたり、相手にわかるように、

 

と意識したりしながら話そうとすることが多々あります。


    ※全然正直じゃないじゃないか、私!

      それに、理解させようとする=コントロール、であり、

      相手のことを、「理解できない人」としている、上から目線の見方ですね!笑

 

 

 

そんなビビリな私にとって恐怖体験となったのが、

昨年度まで発行していたSangoの広報誌「つながり」。

 

編集という役割を務め、

人前に出す文章を書くという機会をいただきました。

 

それは、

誰かに伝える、それも、文字という目に見える形で自分の言葉を残す、

ということ。

 

人の評価を気にしていた私は、実はとても緊張していたのです。

 

    子供の頃、クラス文集を学校で作ったときには、そんなことなかったので、

    成長するにつれて培った意識なんだな〜

 

「つながり」の記事を書きすすめ、下書きを校閲してもらう際、

文章を書き慣れていないことに加え、初見の人にも伝わるか、主観的すぎないか、

などには気が至らなかった私の文章は、何度も修正を繰り返し、

そのたびに私は、自分自身にダメ出しをされているような気持ちになっていました。

 

【事実】と【物語】を履き違える、被害妄想ワールドに突入していたのです!

 

 

 

校閲のことを、

 

書き手の伝えたいことを汲み取り、内容が活きるように文章を磨く手助け

という【事実】としてではなく、

 

私の文章(=私)を否定するもの

として捉え、

ダメ出しされるかわいそうな私!がヒロインの、

自分の感情から作った【物語】の世界視点で見ていたのです。

校閲してくれていた清治さん、勝手に加害者にしていてゴメンなさい!)

 

そして、そのとき感じた、

 

否定されている!

自分はダメなんじゃないか!


という気持ちは、向き合うどころか、感じることがすでに恐ろしいので、

感じなくてすむように、自分が傷つかないように、

無意識にフタをして心の深くにしまいこみました。

 

頭では、校閲の役割を理解し、

自分の物事の見方の癖を知ることができ、その幅が広がった、と、

「よかった」(嬉しかった)側面は、Sangoの面々にもシェアできましたが、

心の奥底にあった悲しみには気がつかない=無自覚だったので、

今の今までみんなに話すこともありませんでした。

 


こんな風に、感情を自覚させない、自分の本当の気持ちをわからなくさせることで

自分を守ることが多かった私。

 

 

この出来事は心の傷となり、私の中で嫌なこととして記憶され、以降、

 

文章を書いて自分を伝えることは、私を傷つける危険なことだ!回避しなくては!

 

と、ブログを書くことにも無意識に抵抗感を生むきっかけとなっていたのです。

 

  

経緯をここまで整理し、受け止められたのは今になってのことですが、

ブログを書くことになかなかエンジンがかからないことには

気がついていた私がその後何をしていたか、はまた次のお話へ。

 

f:id:yanbarusango:20191112165735j:image

 

〜つづく〜

 

 

 

毎日の暮らしに学びがある。

すべてを鑑、自分へ向けたメッセージとして暮らしを楽しむ。

そんなSangoの生活を体験しに来ませんか?

www.sangookinawa.org